まるでカフェみたい!おしゃれな自然素材住宅の施工例

まるでカフェみたい!おしゃれな自然素材住宅の施工例

アレルギー疾患や、喘息などが社会問題になってます。
花粉症を患って毎年季節の変わり目にひどい目に遭って苦しんでいる人も少なくありません。
花粉症の人はもともとアレルギー体質であり、喘息などの重篤な症状に移行しやすいともいわれます。
そのためできるだけ生活環境もアレルギーが発症しにくい場所を選んで仕事したり住むなどの工夫が必要になってきます。
自宅に帰ると喘息のような席で眠れなくなるなどといったことが見られる場合は、シックハウス症候群安堵も疑う必要があるんです。
できれば自然素材の住宅に引っ越すことをお勧めします。
自然素材の住宅も最近多くのハウスメーカーに寄っている出されています。
無垢材を用いた自然な雰囲気はおしゃれな科笛のようで、アレルギーに対応した住まいであることを忘れさせてくれる雰囲気があります。
珪藻土を用いたり、エコカラットや土壁に塗るなどと言ったことも素朴で今の時代ではおしゃれに映るのです。

自然素材を使った住宅に合う建築の方法について

自然素材を使った住宅は化学物質が発生しないため、アレルギーなどの体調不良を招くリスクが低いです。
従来のビニール素材の壁紙や合板などは接着剤などの揮発性有機化合物が生じるのです。
自然素材の代表は無垢材と珪藻土、漆喰です。
これらの素材と相性がいい建築の方法はまず木造軸組工法です。
これは角材で柱や梁などの骨組みを作るタイプの住宅です。
日本の一般家屋で最も多いタイプであり、木材が多いので内装にも木が使いやすいです。
自然素材の雰囲気が好きな人は、柱や梁を見えるデザインにすることもあります。
実は鉄骨造や鉄筋コンクリート造でもナチュラル素材を使えます。
内装材として使用するぶんには問題なく、鉄骨や鉄筋コンクリートで構造を支え、内装をナチュラルテイストにするのです。
一方、自然素材と合わないのはツーバイフォー工法です。
規格材と合板でパネルを作り、それを組み合わせる構造です。
構造材の合板が入るので、化学物質の発生を抑えるのが難しいと言われています。

著者:黒川恵二

筆者プロフィール

愛媛県松山市生まれ。
趣味が高じて自宅を自分で建設。
自然素材の家の魅力をまとめました。